デジタルギフトとは?

デジタルギフトとは?

デジタルギフトとは、メールやSNSなどでURLを送るだけで、さまざまな商品やギフト券、電子マネーなどを
インターネット経由で、簡単にプレゼントできる仕組みです。
受け取り手は、送られてきたURLを開き、表示されるバーコードを近くのコンビニなどで提示してギフトを受け取ったり、電子マネー・ポイントの場合ECサイトにギフト番号を入力してをチャージするだけで利用可能です。

デジタルギフトの贈り方・受け取り方

デジタルギフトの贈り方

デジタルギフトの贈答主はまず、プレゼントするギフトとメニューを選びます。
次に、ギフト数やプランに応じてURLを発行して、発行されたURLを受け取り手に贈るだけ!

デジタルギフトの受け取り方

受け取りはクーポン URLにアクセスして発行される QR コードやバーコード、クーポンコード等を
使って店頭やネットショップで商品と交換するだけ!
 アプリのダウンロードや 会員登録は一切必要なし 

デジタルギフトのメリット

贈答主(企業)のメリット

業務軽減につながります
贈答品の購入✖️
在庫管理✖️
贈答品の梱包作業✖️
企業がステークホルダーに贈答品を贈ろうとする場合、従来は贈答品をどこかに保管しておくスペースが必要でした。さらに、贈答品を何個仕入れ、何個を誰に贈ったのか等の在庫管理の業務も発生します。贈答品の数量が多い場合、これは企業にとって大きな負担になります。これをデジタルギフトに置き換えた場合、保管スペースは不要になり、在庫管理の業務はデジタル化されるので、基本的な在庫管理業務が不要になるというメリットがあります。
コスト削減につながります
在庫を管理するスペースのコスト✖️
梱包資材のコスト✖️
発送コスト✖️
従来は多くの場合、贈答品を梱包して相手に発送する、在庫を管理する場所を借りる、景品を梱包するための資材を準備する、などのコストが必要でした。贈答品の数量が多い場合には大きなコストがかかることになります。デジタルギフトに置き換えた場合には、梱包資材のコストも発送コストも不要になるというメリットがあります。
SNS相性がいい
ネット上で完結
SNSと連動が簡単
SNSのIDのみで
ギフトの贈与が可能
デジタルギフトは、インターネット上でギフトの贈与が完了するので、SNSやインターネット上のキャンペーンと非常に相性が良く、広報活動にも大いに活用していただけます。

受け取り手のメリット

氏名や住所などの個人情報の入力の必要がない
デジタルギフトは、受け取り手は氏名や住所などの個人情報を入力する必要がありません。メールアドレスやSNSアカウントのみで対応可能なため、受け取り手が参加しやすい仕組みになっています。また、QRコードを直接読み込んでもらえることができれば、受け取りが可能です。
手ぶらで帰れて好きな時間に受け取り可能
デジタルギフトは、その場で商品を受け取る必要がありません。重たい荷物を遠くから持って帰ることもありません。またギフトの配送や受け取り時間もないので、好きな時間に受け取ることが可能です。

従来のギフトを配送する方法からデジタルギフトに切り替えるだけで
配送に関わるコストが大幅ダウン

例:東京の企業が関東の消費者1000人に小物ギフト(横20×縦20×高20cm)を送る場合
デジタルギフトにするだけで約¥1,530,000もオトク
通常のキャンペーンギフトをデジタルギフトにすることで、
在庫管理・配送費・人件費を削減できるため、低コストで効率的なギフト施策が可能です。

デジタルギフトの活用方法

販売・来店促進で使う
「顧客との関係値を築きたい」「店舗への来店促進がしたい」といった施策のノベルティとしても活用可能! 在庫管理も不要で、インスタントウィン(即時抽選)も手軽に行えるため、運営コストを抑えることができます。
SNSキャンペーンのギフトに
Twitter・LINE・Facebook・InstagramなどのSNSでのフォロワー獲得や、商品・サービスのプロモーションに欠かせないSNSキャンペーンのインセンティブとして利用できます。

福利厚生
デジタルギフトは社内のインセンティブとしても有効活用できます。例えば、社員の誕生日・出産祝い・表彰式など様々な場面でご利用いただけます。
アンケート回答のお礼に
mafinのデジタルギフトなら、アンケート送付から謝礼までをオンラインでワンストップに実行したいニーズにお応えします! また、オンラインアンケート企画の実行サポートも行います。
資料請求・メルマガ開封の謝礼に
資料請求・メルマガ開封の謝礼にギフトを贈りましょう。氏名や住所などの個人情報や在庫管理などは必要ありません。必要なのはメールアドレスだけ!

イベント・セミナー・株主総会のお土産に
デジタルギフトを使えば、Webセミナー、イベント、株主総会など出席者分の大量のお土産を準備する手間がありません。また、出席者はお土産を持って帰る必要がなく、好きな時間に受け取れる為、受け取り手も気軽に受け取れます。
インスタントウィンの景品に
キャンペーンにおける抽選結果の発表から景品発送までの流れをデジタル化して、お客さまの満足度を高めたいなどのニーズに応えます。 当選者数を最大化してキャンペーン参加者の増加を狙うことができます。
活用方法の詳細や事例など知りたい方は
ぜひ、お問い合わせください

プロモーションでお悩みの方は
お気軽にご相談ください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
1,000種類を超える豊富なラインナップ
デジタルギフトの一覧はこちら