バーチャルオフィスツールとは?選び方のポイントと7選を比較!

バーチャルオフィスツールとは?選び方のポイントと7選を比較!


目次[非表示]

  1. 1.バーチャルオフィスとは?ビデオ会議ツールとの違いは?
  2. 2.バーチャルオフィスツールの比較検討で見るべきポイントは?
  3. 3.バーチャルオフィスツール7選の特徴や機能、料金を比較!

お役立ち資料一覧へ


コロナ禍以降、リモートワークが一般化し、ワークスタイルの1つとして定着しつつあります。その浸透とともにコミュニケーションなどの課題が生まれ、バーチャルオフィスツールの導入を検討する企業も多いのではないでしょうか。


バーチャルオフィスとは?ビデオ会議ツールとの違いは?

バーチャルオフィスとはメンバーが自宅やカフェなどそれぞれ別の場所にいても、まるで実際のオフィスへ出勤し一緒に働いているかのように感じられる、オンライン上の「仮想オフィス」です。

同僚が何をしているかステータスで分かるようになっていたり、チャットや通話で気軽に会議以外のちょっとした会話や相談ごともしやすくなっていたりと、ビデオ会議ツールよりもコミュニケーションを取りやすい仕様のものが多くなっています。

実際のオフィスのようなコミュニケーションが取れることで、リモートワークの課題である孤独感が解消され、帰属意識やエンゲージメント、業務効率化や生産性の向上へと繋がります。


バーチャルオフィスツールの比較検討で見るべきポイントは?

機能や特徴が異なるさまざまなバーチャルオフィスツールから、自社に最適なサービスをどのように選べば良いのでしょうか。ツールを選ぶ際のポイントを解説します。

●基本機能の充実度

まず、web会議機能、資料共有、ステータス表示などといった基本機能がどのくらい充実しているかが比較ポイントのひとつとなります。

コミュニケーションは音声かチャットか、プライバシーへの配慮の具合、多言語対応の可否、画面や資料を共有できる人数に制限はあるか、など使用意図や目的を考慮し、それに合った機能が含まれているかを確認しましょう。

●他ツールとの連携

社内で使用している他のツールとの連携が可能かどうかも重要なポイントです。

連携ができないと二度手間の作業が発生したり、入力・伝達ミスのリスクが高まったりする恐れがあります。

他のツールと連携することで、進捗や状況把握がスムーズになり作業効率が上がるバーチャルオフィスツール選びを意識しましょう。

●使いやすいデザイン

機能面が充分でも使いにくいと感じるツールでは、効率低下に繋がる可能性も。

直観的でわかりやすい、実際のオフィスのようなレイアウトにできる、遊び心のあるオフィスにしてモチベーションを高めたい…など、何を重視するかによって適したツールも変わってきます。


バーチャルオフィスツール7選の特徴や機能、料金を比較!

代表的なバーチャルオフィスツール7つの、特徴と基本機能、料金体系などをご紹介します。

1 oVoice

アバターによってオフィスでのメンバーの動きを把握できるほか、話したい人にアバターを近づけるだけで会話をはじめられるなど、まるでリアルなオフィスにいるような空間が再現されます。

各種外部サービスとの連携も強化され、オフィスとしてだけでなく、ウェビナーなどのイベント開催にも活用されています。


基本機能
  • ブラウザで入室
  • オフィスレイアウト
  • アバター
  • ステータス表示
  • 雑談機能
  • チャット機能
  • 音声通話、ビデオ通話
  • メガフォン機能(場内アナウンス)
  • 画面共有、YouTube動画共有
  • 会議室機能
  • カレンダー
  • プロフィール設定
  • 対応言語:日本語、英語、韓国語
  • 単発のイベントにも対応可能なプランあり

他ツールとの連携

Zoom、RICOH THETA など
料金体系

継続プラン

  • Basic:5,500円/月(50人まで)
  • Standard​: 22,000円/月(200人まで)
  • Organization:55,000円/月(500人まで)
  • Enterprise:問い合わせが必要です。

※無料トライアル有り



単発プラン

  • Meetup:2,750円/週(50人まで)
  • Conference​: 11,000円/週(200人まで)
  • Exhibition:27,500円/週(500人まで)
  • Expo:問い合わせが必要です。

※期間中のイベント回数制限無し


2 Remotty

コロナ禍以前よりリモートワークを導入し、2016年にはオフィスを撤廃。全社員がフルリモートという企業が開発したRemotty。メンバーの顔が見えたり、ステータスを可視化したりと、離れていても一緒に働いている実感が持てる仕様に。GoogleカレンダーやOffice365など様々な他ツールとの連携が可能となっています。

基本機能
  • ブラウザ入室&インストール型
  • 2分間隔の定期自動撮影でメンバーの顔が見える
  • テキスト、ボイスチャット機能
  • 座席・ルーム設定
  • つぶやき
  • ワンクリック通話・会議
  • バーチャル背景
  • 入退室ログの管理
  • 複数ルーム設定
  • 対応言語:日本語

他ツールとの連携

Google Calendar、Microsoft予定表、iCalendar Google Meet、Zoom、Webex、Teams、Slackなど
料金体系

詳細は問い合わせが必要です

※無料トライアル有り


3 Sococo

タブレット端末やスマートフォンでも利用可能なため、リモートワークのメンバーだけでなく、実際のオフィスに出勤中、営業先や出先にいるメンバーなどとも同じ仮想オフィスでコミュニケーションを取ることができます。またZoomをはじめとする使い慣れたweb会議ツールが利用できるため、新たに操作を覚える必要がありません。

基本機能
  • ブラウザ(Google chrome)で入室可能
  • オフィスレイアウト
  • アバター
  • チャット機能
  • 音声通話、ビデオ通話
  • web会議ツール連携
  • ステータス表示
  • 画面共有(Zoom連携)
  • 利用者以外も会議へのゲスト招待が可能
  • マルチデバイス対応(※2022年2月現在、機能拡張中のためスマートフォン、タブレット使用を停止中。)
  • 対応言語:日本語、英語、ポルトガル語、ロシア語

他ツールとの連携

Zoom、Microsoft Teams、Google Meet、Webex、Slack など
料金体系
  • 1ユーザーあたり2,750円/月 (最小10ユーザーから契約可)
  • 最低契約期間:3ヶ月~

※無料トライアル有り


4 roundz

「声のバーチャルオフィス」roundzはプライバシーに配慮し、コミュニケーション機能は音声のみ。設定したキーを押せばボイスチャットがスタートでき、テキストチャットよりも素早く、ビデオ通話やweb会議よりも気軽に、メンバーとのやり取りができます。画面共有やステータス確認など、コミュニケーションや業務を円滑にするための機能は揃っています。小さくシンプルで操作が直観的な画面は、作業を進めながらコミュニケーション不足を解消したい場合におすすめです。

基本機能
  • インストール型
  • カメラ機能無し
  • 部屋作成数無制限
  • ボイスチャット
  • チャット機能
  • メッセージ送信
  • PCと他アプリ使用状況によるステータス自動更新
  • 手動ステータス表示
  • 画面共有(指差し機能有)
  • 部屋ロック
  • 対応言語:日本語、英語

他ツールとの連携

Googleカレンダー、Google Meet、Zoom、Slackなど
料金体系

導入サポート・初期費用無料

  • Start:5,500円/月(20人まで)
  • Team​:22,000円/月(50人まで)
  • Organization:55,000円/月(150人まで)
  • Enterprise:問い合わせが必要です。(150人以上での利用)

※一部チームごと、プロジェクト期間のみなどのスモールスタートも可能。問い合わせください。


5 Gather

Gatherの特徴はまず、遊び心溢れる昔のゲーム風なアバターや世界観です。

髪型や服装などをカスタマイズできるアバターは、モーションや表情も豊富で、RPGのようにメンバーを引き連れて歩くこともできます。オフィスレイアウトにはテンプレートもあり、屋上では焚火の音が、海では波の音が楽しめるといった遊び心溢れる仕様に。観葉植物に水をあげられたり、鳥を呼んだりと、コミュニケーションゲームのような要素も持ち合わせています。

アバターを近づけることで会話ができる点も、ゲームのようで気軽に話しかけ易そうです。

基本機能
  • ブラウザで入室
  • 25人まで無料
  • オフィスレイアウト
  • アバター
  • チャット機能
  • 音声通話、ビデオ通話
  • web会議ツール連携
  • ステータス表示
  • エモート(リアクション)機能
  • リンク・ドキュメント共有
  • 画像・動画埋め込み
  • ノートオブジェクト(メモ)
  • 環境音設定
  • ホワイトボードツール連携(Eraser)
  • 音声アナウンス機能(Spotlight)
  • ゲームアプリ設置
  • 対応言語:英語(日本語のヒントページ有)

他ツールとの連携

Zoomなど

料金体系

(時間ごと)

※25人までは無料

  • 2hours:2ドル/人(500人まで)
  • Per day:3ドル/人(500人まで)
  • Monthly:7ドル/人(500人まで)


6 Oasis

社員の行動ログデータが閲覧できたり、人事・経理・ITサポートなどフロア内ですぐに相談できるサポートデスクの設定があったりと、リモートワークにおける人材オンボーディングに活かせる仕様が特徴的です。新入社員・中途社員の困り感を解消して帰属意識を高めるとともに、就労状況の見える化によって勤怠管理や他メンバーとの交流具合などを企業側も把握できるため、人材育成のサポートに役立ちます。


基本機能
  • ブラウザ入室
  • マルチデバイス対応
  • つぶやき、タイムライン機能
  • フロア設定・レイアウト
  • 画面共有
  • YouTube動画共有
  • ボイスチャット、テキストチャット機能
  • 入退室ログの管理
  • 状況ステータス、会話意欲ステータス表示
  • 対応言語:日本語
他ツールとの連携


料金体系  ※無料トライアル期間有り。

初期費用

33,000円/1フロア

66,000円/2フロア

99,000円/3フロア

132,000円/4フロア


月額費用

(カメラ

通信あり

30人まで

31~50人まで
52~100人まで
100人以上

38,000円

60,000円

120,000円

問い合わせください

月額費用

(カメラ

通信なし)


30人まで

31~50人まで
52~100人まで
100人以上
18,000円

30,000円

60,000円

問い合わせください


7 Remo

認識しやすいデザイン性の高さと柔軟なレイアウトが可能で、オフィスだけでなくイベントなどにも活用されているRemo。個室会議室としての社員間の会話から、イベント時には自由にテーブル間をアイコン移動させ、複数や1対1での対話も楽しめるほか、全体に向けてのプレゼンテーションやアナウンスなど、様々な場面に応じてコミュニケーション形式が選択できます。

基本機能
  • ビデオ、オーディオ、チャット機能
  • ホワイトボード機能
  • ブラウザ入室
  • HDビデオ・オーディオ
  • プロフィールにSNS埋め込み
  • バーチャル背景
  • カウントダウンタイマー
  • アナウンス機能
  • 画面共有
  • ゲスト招待
  • プレゼンテーション機能
  • ステータス表示
他ツールとの連携
Googleドキュメント、Slack、Linkedinなど


料金体系 ※無料トライアル有り ※プラン毎の機能詳細、イベントカスタマイズはご確認ください
年間プラン
定期プラン
FREE

ESSENTIALS

ULTIMATE
KEYNOTE
SYMPOSIUM
SUMMIT

0ドル

/月

270ドル~

/月

1.8ドル

/1ゲスト

880ドル~

/月

2.2ドル

/1ゲスト

400ドル~

(購入日から

3ヶ月)

840ドル~

(購入日から

3ヶ月)

2,000ドル~

(購入日から

6ヶ月)

1イベント開催時間
1イベント開催時間(イベント数制限なし)

30分

24時間

無制限
2.5時間
5時間まで
48時間まで
チームメンバー(共同主催者数)
チームメンバー(共同主催者数)

1名

2名

5名

2名

4名

5名

ゲスト数
当初付与ゲスト数
15/月
1,800/月
4,800/年

100

200

500

バナー数

バナー数

1
6
10
10
10

15

同時開催イベント数

同時開催イベント数

2

3

無制限

2

4

無制限



「チームでの会議や作業が多い」「ウェビナーやイベントを定期的に開催する」「リモートワーク、出先、出社とメンバーの働き方がさまざま」などといった自社の環境と、優先すべき条件や機能をよく照らし合わせ、フィットするバーチャルオフィスツールを選ぶようにしましょう。

ほとんどのサービスが無料トライアルを設けているので、気になるものから実際に使ってみて検討してみるとより確実ですね。




<引用/参考元>

oVice Magazine おすすめバーチャルオフィスツール10選!選び方のポイントもご紹介

oViceホームページ

Remottyホームページ

Sococoホームページ

roundzホームページ

Gatherホームページ

oasisホームページ

Remoホームページ



プロモーションでお悩みの方は
お気軽にご相談ください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
1200種類を超える豊富なラインナップ
デジタルギフトの一覧はこちら

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧