【2021年最新版】SFAツールの比較10選と選び方をご紹介


営業業務の効率化や、社内業績改善のためなどのためにSFAツールの導入を検討し始めるものの、なかなかツールを選びきれないですよね。今回の記事では、10選のSFAツールの特徴と合わせて、選び方のコツとなるポイントを抑えてご紹介します。ぜひ、SFAツール選びの参考にしていただければと思います。

目次[非表示]

  1. 1.SFAツールの簡単な説明と選ぶポイント
  2. 2.SFAツールの比較10選
  3. 3.導入目的に合うこと、担当者が使いやすいことがポイント


SFAツールの簡単な説明と選ぶポイント

SFA(Sales Force Automation)ツールとは、主に営業業務の支援を行うツールです。業務を効率化できるだけでなく、見える化して分析することで社内全体の業務改善にも繋がります。では、一体どのような基準でツールを選ぶと良いのでしょうか。

ツールを選ぶ時に確認しておくと良い項目を以下に並べました。

  • MAやCRMツールと連携可能かどうか
  • 必要な機能が備わっているかどうか
  • 使いやすさが備わっているかどうか
  • 社外でも扱いやすいかどうか
  • BtoBやBtoC向けかどうか
  • 価格の妥当性
  • サポートの充実

SFAツールは特に、ツールを扱う担当者が一番扱いやすいものを選ぶことが重要となります。ツールが馴染まないと上手く活用できずに失敗する可能性も高まります。単に営業業務の効率化で終わらせないためにも、他ツールとの連携も重要になるため、あらゆる企業でCRMとSFAツールが合わさったものを利用しています。

特に営業支援ツールを選ぶときに重宝されるのが、社外での扱いやすさです。ぜひチェックしてみてください。それでは、以下でSFAツール10選の比較をご紹介していきます。

SFAツールの比較10選

これから、10個のSFAツールを比較しながらご紹介します。

1.ネクストSFA

ネクストSFAは、UI画面が直感的にわかりやすく、ドラッグアンドドロップで簡単に操作しやすい国産のツールです。PCブラウザだけでなく、スマホからもほぼ同じ操作ができるので、外出先で報告書を提出することもできます。初期設定や運用後のヒアリングなどは無料で何度もサポートしてくれるので、定着率も97.5%と非常に高い数値を誇っています。

適する業務形態
BtoB、BtoC向け
主な機能

・営業進捗管理

・アプローチ管理機能

・データ分析機能

・案件管理機能

・受注管理機能

・育成レベル管理機能

・対応内容と次回予定の管理機能

・顧客関心レベルの自動遷移機能

・取引先別予実管理

・メールの一括配信機能

・名刺管理ツールとの連携

・Googleカレンダーとの連携

・その他様々なサービスとの連携など

MA/SFAとの連携
価格

■無料トライアル2週間あり

■有料プラン

・初期費用0円

・基本料金:月50,000円(10ユーザー分を含む)

・ユーザー利用料金:月4000円(11ユーザーから1ユーザーあたり)

※2021年8月現在の価格


JUST.SFA

JUST.SFAは、見やすい画面でカスタマイズ性が高く、あらゆる分析を手軽に行えるSFAツールです。プログラミング不要で、基本の操作はドラッグアンドドロップで行えてあらゆるチャートもスムーズに作ることができます。一つの画面で情報を一目で確認しやすいので、業務の流れを分析したり確認がラクになります。スマホからの確認も可能です。なお優れたサポート体制もありますが、導入後サポートなどは有償で行うことができます。

適する業務形態
BtoB、BtoC向け
主な機能

・案件管理

・モバイル環境からアクセス可能

・全文検索オプション

・顧客管理

・スケジュール連携(オプション)

・基幹連携

・活動報告

・名刺取り込み

・メール

・問い合わせフォームの結果を自動で取り込む機能

など

MA/SFAとの連携

価格

■無料トライアルあり

■料金要問合せ


cyzen

cyzenは、営業支援をスマホベースで行うSFAツールです。外出先から報告書の提出ができて、活動状況などの履歴もリアルタイムで共有することができます。他にもメモを残したりプッシュ通知で新着をお知らせしたり、勤務状況把握、交通費の自動計算などあらゆる営業業務を効率化させる機能が備わっています。また、毎日無料で個別相談会を行っているので、サポートも充実していて安心です。以下のページからお問合せ可能です。

https://lp.cyzen.cloud/salon-meeting

適する業務形態
BtoB、BtoC向け
主な機能

・訪問件数や報告書内の数値をランキングで可視化

・活動の記録と共有

・顧客データの一元管理

・地図上で顧客データを可視化

・リアルタイムでの業務報告共有

・コミュニケーション機能

・スケジュール管理

・予定の地図表示

・勤務状況把握

・分析ダッシュボード

・オートワークログ

・交通費自動計算など

MA/SFAとの連携

価格

■基本料金

月3,500円(1ユーザー)

※初期費用は別途見積もり

※2021年8月現在の価格


ホットプロファイル

ホットプロファイルは、名刺管理やMAの機能も備わったクラウド型のSFAツールです。そのため、あらゆるデータをクラウド上で一元管理できるので、業務効率化も目指せます。見込み顧客の獲得から育成を自動化し、名刺管理との直連携によって顧客情報を入力する手間も省けます。メールのOne to One配信や、オンライン商談の効率化なども行うことができるので、あらゆるマーケティング業務がこのツールだけで効率化できます。

適する業務形態
BtoB、BtoC向け
主な機能

・名刺のデータ化

・顧客DBのリッチ化

・人脈の可視化

・顧客情報管理

・報告管理

・ホット通知

・One To One メール

・ニュース通知

・チェックイン、アウト機能

・地図連携など

MA/SFAとの連携
価格

■無料トライアルあり

■料金要問合せ


ちきゅう

ちきゅうは、日本のビジネスシーンに合わせた必要最低限のSFA/CRM機能が備わった、国産の営業管理ツールです。シンプルで扱いやすい操作画面のため、誰でも簡単に扱うことができます。Slackやチャットワークへの連携も基本機能で備わっているのも便利です。以下のページにて、随時無料の個別相談会も受け付けており、個別デモで製品について知ることができます。

https://chikyu.net/seminar/onlinemeeting/

適する業務形態
BtoB、BtoC向け
主な機能

■基本機能

・顧客管理

・商談プロセス管理

・グラフ作成

・活動報告

・タスク管理

■プランにより個数制限のある機能

・カスタムオブジェクト

・レポート機能

・権限設定

■スタンダードプラン以上の機能

・Gmail連携

・カレンダー連携

・MA連携

■プロプラン以上の機能

・名刺管理機能

など

MA/SFAとの連携
価格

■15日間無料トライアルあり

■有料プラン

・ライト:月1,480円(1ユーザー)

・スタンダード:月2,980円(1ユーザー)

・プロ:4,980円(1ユーザー)

・エンタープライズ:月9,800円(1ユーザー)

※全プラン最低10ユーザーから利用可能

※ご要望や利用用途により月々の料金が異なります。

※2021年8月現在の価格


Knowledge Suite

Knowledge Suiteは、SaaS型のツールで一律ユーザー数無制限なので、低コストでの導入が可能です。名刺管理や分析などSFAやCRMの必要な機能が備わっているので、会社全体の業務効率化も目指すことができます。マルチデバイスにも対応しているので、どこでもスケジュールや商談内容を確認することが可能です。

適する業務形態
BtoB、BtoC向け
主な機能

・グループウェア

・SFA/CRM機能

・名刺管理

・名刺情報の取り込み

・問合せ管理

・集計、分析ツール

・他システムとのデータ連携アプリケーションなど

MA/SFAとの連携
価格

・グループウェア:月6,000円

・SFAスタンダード:月5,000円

・SFAプロフェッショナル:月80,000円

※一律ユーザー数無制限

※2021年8月現在の価格



Pipedrive

Pipedriveは、エストニアが創業した世界中で95,000社以上の導入実績があるCRM/SFAツールです。シンプルで直感的に使いやすいだけでなく、外部連携も豊富に対応しているので入力作業の手間も省けて効率化ができます。24時間サポートがあるものの、基本的に英語で行われるので、初めてSFAを導入するなどサポートありきで考える場合は少しハードルが高いと言えます。

適する業務形態
BtoB、BtoC向け
主な機能

・カスタマイズできるパイプラインでセールスを視覚化

・リードインボックス

・チャット

・Webフォーム

・データフィールド

・連絡先管理

・メール受信箱

・スケジューラー

・ワークフローオートメーション

・カスタマイズ可能なレポート

・チーム管理など

MA/SFAとの連携
価格

・エッセンシャル:月US$12.50 (1ユーザー)

・アドバンス:月US$24.90 (1ユーザー)

・プロフェッショナル:月US$49.90 (1ユーザー)

※2021年8月現在の価格


Kintone

Kintoneは、簡単にカスタマイズができる上に、顧客管理、セミナー管理などあらゆる業種にこれ一つで対応することができます。SFAの一般的な機能の案件進捗管理や顧客管理はもちろん、モバイルからの作業もできるので外出先でも活用可能です。プログラミングが不要で操作性はとても簡単ですが、自由度が高い分、初めてSFAツールを使う場合には機能をうまく使いこなせない可能性があります。

適する業務形態
BtoB、BtoC向け
主な機能

・業務内容、報告事項を記載

・顧客案件ごとの活動管理

・問い合わせ管理

・採用面接管理

・タスク管理

・レポート機能

・アクセス権機能

・100種類以上の拡張機能など

MA/SFAとの連携

価格

■スタンダードコースには30日間無料お試しあり

■初期費用無料

■コース別料金

・ライトコース:月780円

・スタンダードコース:月1,500円

※1ユーザー単位契約、1ヶ月ごとに契約更新可能

※2021年8月現在の価格


Salesforce Sales Cloud

Salesforce Sales Cloudは、セールスフォース株式会社が提供するクラウド型のSFA/CRMツールです。ワークフロー機能を使って、ドラッグアンドドロップで業務プロセスを自動化できるので効率よく業務を進めることができます。またAI機能も備わっているので、確度の高い見込み顧客を把握したり、売上予測を行うことも可能です。

適する業務形態
BtoB、BtoC向け
主な機能

・顧客管理

・案件管理

・レポートとダッシュボード

・売上予測

・メール連携

・ファイルの同期と共有

・ワークフローと承認

・モバイルアプリなど

MA/SFAとの連携
価格

■30日間無料トライアルあり

■プラン料金

・エッセンシャルズ:月3,000 円(1ユーザー)

・プロフェッショナル:月9,000 円(1ユーザー)

・エンタープライズ:月18,000 円(1ユーザー)

・アンリミテッド:月36,000 円(1ユーザー)

※2021年8月現在の価格


Senses

Sensesは、営業業務支援の案件管理やクロージングだけでなく、マーケティングから顧客管理まで行えるSFA/CRMツールです。その他AI学習による営業支援や、見やすいダッシュボード画面でデータを一括管理できるので、属人化対策にも役立てることができます。​​​​​​​

適する業務形態
BtoB、BtoC向け
主な機能

・グループウェア連携

・外部情報を取得

・アクション管理

・コメント機能

・レポーティング機能

・マルチデバイス対応

・サポート機能など

MA/SFAとの連携
価格

■スターターとグロースプランは無料トライアルあり

・スターター:月25,000円~(5ユーザー)

※追加ユーザーあたり月5,000円

・グロース:月100,000円~(10ユーザー)

※追加ユーザーあたり月10,000円

・エンタープライズ:月300,000円~(20ユーザー)

※追加ユーザーあたり月15,000円


※2021年8月現在の価格


導入目的に合うこと、担当者が使いやすいことがポイント

SFAツールはCRMの機能との相性が良いため、どちらの機能も備えたものがよく使われています。また、ツールによっても機能は様々ありますが、多ければ良いというわけではなく、SFAツールを選ぶ際は担当者が扱いやすいものであることも大切です。ツール選びは導入目的を決めて、必要な機能が備わった扱いやすいものを選ぶようにしましょう。SFAについて詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

  SFAツールとは?導入には現場の声が大事 SFAツールの導入はただ行えば良いわけではなく、導入してもコストだけかかって逆に負担がかかることもあります。今回は、SFAツールのそもそもの役割や目的などについてご紹介し、失敗しないためのポイントについてもお話しします。 株式会社メタップス








<引用・参照元>

ネクストSFAホームページ

JUST.SFAホームページ

cyzenホームページ

ホットプロファイルホームページ

ちきゅうホームページ

Knowledge Suiteホームページ

Pipedriveホームページ

Kintoneホームページ

Sales Cloudホームページ

Sensesホームページ



プロモーションでお悩みの方は
お気軽にご相談ください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
800種類を超える豊富なラインナップ
デジタルギフトの一覧はこちら

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧