ブログ

【初心者向け】デジタルマーケティングとは何ですか?


現代の顧客獲得に役立つ多くの手法がデジタルマーケティングに含まれています。

今は誰でもスマホで情報を得られる時代。消費者は検索と口コミで買うかどうかを決めるようになりました。

そのため企業は個々の消費者行動に合わせたマーケティングが必要になり、そこにアプローチできるのがデジタルマーケティングなのです。

この記事ではデジタルマーケティングとは一体どういうものなのか、デジタルマーケティングでよく用いられる手法と併せてご紹介します。

デジタルマーケティングとメリット

デジタルマーケティングとはインターネットやデジタル技術を駆使したマーケティングです。

オフラインで行うマーケティング以外はデジタルマーケティングと言っても過言ではありません。

デジタルマーケティングによって得られるメリットは以下の通りです。

  • 個人へダイレクトにアプローチできる
  • 複数のチャネルからデータ取得・分析できる

その特徴を詳しくご説明していきます。

個人へダイレクトにアプローチできる

これまでのマーケティングは店舗営業、テレビ、雑誌を使って販売促進を行っていました。

しかし先ほどお話ししたように、今は企業が個人のニーズ多様化に対応することが求められる時代です。

デジタルマーケティングは闇雲に商品の魅力を売り込む方法ではなく、顧客一人一人のニーズに合わせてサービスを届けることができます。

例えばSNSやメールで長期的にやり取りを続けることで、顧客の購買意欲を高めることなどが挙げられます。

複数のチャネルからデータ取得・分析できる

デジタルマーケティングは顧客にアプローチするだけではありません。複数のチャネルを連動させて得たデータを利用することでより良い戦略を立てられます。

例えばスマホやパソコンなどで消費者が行うネット上の行動履歴やSNS上の反応は、個人が抱える本音や欲求がデータとして得られる良い例です。

これらのデータを分析すれば顧客が持つ顕在ニーズや潜在ニーズはもちろん、常に最新のトレンドを探ることも可能になります。

デジタルマーケティングで用いられる手法とは

デジタルマーケティングで良く用いられている手法のいくつかをご紹介します。

  • Webサイトの運用(SEO、インターネット広告)
  • SNSマーケティング
  • メールマーケティング
  • コンテンツマーケティング

後半では、上記を取り入れて行うデジタルマーケティングについてもご紹介します。

  • マーケティングオートメーション
  • CRM

それぞれの特徴を詳しく説明していきます。

Webサイトの運用

Webサイトを使って行うデジタルマーケティングは、自社サイトを運用し購買・集客率を上げるための目的などで利用されます。

運用で使われる方法は主に以下の2つです。

  • SEO
  • インターネット広告

以下で詳しくご説明していきます。

SEO

Webサイトの運用で多く目標とされているのが、検索エンジンの上位表示による集客やコンバージョン率を上げることです。

そして、その上位表示に必要な方法がSEO対策になります。

SEOのメリットは、時間はかかりますが費用を抑えて大きな成果を出すことも可能なところです。(*1)

インターネット広告

Webサイトの運用で時間をかけずに上位表示させる方法が、有料広告を使った「リスティング広告」です。

リスティング広告には、始めようと思った時にすぐに広告を配信できるメリットがあります。

一方、時間的なコストが少ない分、お金がかかるというデメリットもあります。
(*2)

SNSマーケティング

若者をはじめ多くの人たちが日常的に利用しているSNSは以下になります。

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • LINE

特に若者はじめとした多くのユーザー滞在時間が長いものが「Instagram」です。

すでに国内の月間アクティブアカウント数はなんと3300万を達成しています。

これらSNSを通じて得られる一番のメリットは低コストで運用でき、いいねや拡散などの反応によって、生の声が視覚的に得られるということです。(*3)

メールマーケティング

こちらは、メルマガを通してセミナーやセールなどの情報を送ることで、消費者に直接情報提供をするマーケティングになります。

例えば、送ったメールから自社サイトに誘導することも可能です。

他にもアプリと連動することで、消費者が興味を持った商品の割引や入荷情報などを的確に伝えることができます。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、上記のようなWebやSNS、メールのようなコンテンツを使用したマーケティングです。

消費者にとって為になる情報を発信し続けることで、やがて常連顧客となってもらうことが目的となります。

主にブログで価値のある情報を発信する方法が使われていますが、最近では動画を使って発信する形も利用されています。

ただサービスを売るだけではなく顧客の満足度が高いので、根強いファンを長い間獲得することが可能です。
​​​​​​​

手法を組み合わせることで効果を発揮

上記でご紹介したWebやSNSなどの手法は、1つでは大きな効果が得られません。

これらを組み合わせてマーケティングを行う企業が多いです。

もちろんこれからご紹介する方法も1つではなく、組み合わせ次第で効果を上げることが可能です。

具体的なマーケティング方法を2つご紹介します。

  • マーケティングオートメーション
  • CRM

以下ではこの2例の内容をご説明していきます。

マーケティングオートメーション

マーケティングオートメーションとは、顧客獲得のための一連の作業を自動化することです。

一般的にソフトウェアを使用して自動化を行います。

自動化する作業の例は以下になります。

  • 顧客情報のリスト化
  • 顧客に応じたメール送信
  • 営業のための通知
  • データのグラフ化

オウンドメディアに訪問した顧客の業種や名前などの個人情報、興味のある内容や訪問した時間帯などを分析します。

ただ自動化するだけでなく、以下で紹介するCRMと組み合わせることで効果を高める事も大切です。

CRM

CRM(Customer Relationship Management)は、顧客全体で考えずに一人のお客様が喜ぶようなアプローチを考え、良い関係を築いて相互利益に繋げるマーケティングです。

商品を一度売って終わりという時代が変わり、こちらから一方的に商品を売るスタイルでは長続きしません。

顧客情報を管理してマネジメントする昔からの考え方に、デジタル技術で得たデータを分析することで効率を上げることができます。

現代においてデジタルマーケティングは欠かせない!

今回ご紹介したデジタルマーケティングの手法はほんの一部にすぎません。

デジタルマーケティングは、複数の手法を掛け合わせデータを集約し、分析することで正しい戦略を立てることが可能です。

この記事をきっかけにデジタルマーケティングを活用して、ぜひ目標達成に役立ててください。
​​​​​​​

関連記事

  7分で解説!デジタルマーケティングの手法と事例6選 株式会社メタップス


<参照サイト>

*1:
Google検索セントラル公式サイト
https://developers.google.com/search/docs/beginner/seo-starter-guide?hl=ja

​​​​​*2:
Metaps One公式サイト
https://metaps-one.com/service/agency

*3:
フェイスブック公式サイト
​​​​​​​https://about.fb.com/ja/news/2019/06/japan_maaupdate-2/


プロモーションでお悩みの方は お気軽にご相談ください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
800種類を超える豊富なラインナップ
デジタルギフトの一覧はこちら