ブログ

LINE公式アカウントを企業が運用するには?運用方法と事例をご紹介


人々は、日常のコミュニケーションをLINEで行っており、企業もビジネス用のアカウントを作ることで集客アップに役立てられます。今回の記事では企業で役立つLINE公式アカウントの特徴や、運用方法、事例などをご紹介していますので、ぜひご活用ください。

LINEというメディアを理解する

LINE for Business公式サイトによると、国内月間アクティブユーザー数8,800万人以上(2021年3月末時点)、人口の約70%が利用(令和3年4月1日時点)(*1)しています。

企業でLINE運用を行う前に知っておきたい知識を、簡単にご紹介します。

  • LINE公式アカウント(旧ライン@)の特徴
  • LINE(個人)・LINE公式アカウント(ビジネス)・他のSNSの違い
  • LINE公式アカウント運用のメリット

LINE公式アカウント(旧ライン@)の特徴

これまでにビジネス用のアカウントと言えば、「ライン@(アット)」という名前を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?これは、従来の中小企業向けに展開されていたサービスの名称です。

また、LINE公式アカウントもこれまでに存在していて、このサービスは大企業向けに展開されていました。そして、2019年4月にこれらのサービスが統合して「LINE公式アカウント」になっています。

LINE公式アカウントの開設にかかる初期費用は無く、メッセージ1,000通まで無料で利用できますが、それ以上は従量課金制です。

LINE(個人)・LINE公式アカウント(ビジネス)・他のSNSの違い

まず、LINE(個人)の特徴は、販促活動はできず主にコミュニケーションメインのツールです。一方LINE公式アカウントはビジネスで活用することに特化していて、個人と直接チャットのやり取りができる他、画像を伴うリッチメッセージの送信やクーポン作成などができます。

他のSNSとの主な違いは、アクティブユーザー数の差です。LINE for Business公式サイトによると、「LINE」は国内月間アクティブユーザー数8,800万人以上(2021年3⽉末時点)(*1)と、他のSNSよりも飛び抜けています。また、LINE公式アカウントによるメッセージは、メールの場合に起こりうる、迷惑フォルダに入ることが無いため、メルマガよりもメッセージに対する顧客の反応が良いことでも知られています。

LINE公式アカウント運用のメリットとデメリット

以下では主なメリットとデメリットを順番にご紹介します。

メリット

まず、主なメリットは以下になります。

  • 膨大なユーザー数
  • 無料で始められる
  • メッセージを見てもらいやすい
  • 自動応答も可能
  • 友達登録のキャンペーンでプロモーションできる

度々ご紹介の通り、一番のメリットはユーザー数が多く、メールや他のSNSよりも顧客に情報を届けやすいことです。メールアドレスや電話番号など入力することなく友達登録だけで直接メッセージをやり取り出来る他、自動で返信も可能なので対応が円滑に行えます。

また、キャンペーンでプロモーションができるのもメリットの一つです。LINEでもTwitterのようにインスタントウィンなどのキャンペーンが行えるので、繰り返しキャンペーンを行うことでユーザーのブロックを防いだり、リピートに繋げやすくなります。

インスタントウィンの賞品はデジタルギフトにすれば、当選者にURLを送信するだけで受け渡しが完了します。また、キャンペーンの参加から受け取りまで全てLINE上で完結できるのも大きなメリットです。

さらに詳しいデジタルギフトを活用したLINEのインスタントウィンキャンペーン情報を知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

  デジタルギフト×LINEインスタントウィンキャンペーンのご提案 LINE上だけでキャンペーンが完結し、応募と同時に当選結果がわかる、LINEインスタントウィン。今回の記事では、デジタルギフト×LINEインスタントウィンキャンペーンの流れ、導入企業とユーザーそれぞれの観点でのメリットをご紹介します。 株式会社メタップス


デメリット

次に、主なデメリットは以下になります。

  • 友達登録の手間がかかる
  • 頻繁にメッセージを送るとブロックされやすい

デメリットは、まず友達登録を増やす必要があることです。LINE公式アカウントに登録するだけでは登録者は増えないので、店頭のPOPにQRコードを載せる、ホームページにリンクを設定しておくなどの対策が必要になります。クーポンの取得に合わせて友達登録を促す方法もあります。

また、気軽にメッセージが出来るからといってメッセージを頻繁に行っていると、顧客は鬱陶しいと感じてしまいブロックされる確率が上がります。対策の一つとしては、最初のメッセージで通知をオフにしてもらうように促しておくとブロック防止に繋がります。

しかし、一概にブロックが多いからと落胆する必要はありません。実際にブロックされる割合は、30%を越えなければそこまで気にする必要は無いと言われています。LINE公式アカウントはブロックされるものと考え、必要な人に情報が届けば良いと考えておくと気楽に運用を進めることができます。

LINE公式アカウントの機能について

LINE公式アカウントの基本的な機能は以下になります。

  • メッセージ
  • チャット
  • リッチメッセージ
  • LINEコール
  • タイムライン投稿
  • ショップカード
  • リッチメニュー
  • クーポン、抽選
  • 分析

・メッセージ

友達登録をしてくれているユーザーに対して、一斉にメッセージを送信することができます。

・チャット

友達登録をしてくれているユーザーに対して、1対1でメッセージを送ることができます。自動で返信する設定も可能です。

・リッチメッセージ

写真やテキストを使って画像化したもので、視覚的にメッセージを伝えられる訴求力の高いメッセージです。

・LINEコール

無料で通話をすることができる上に、履歴が残ってそのままやり取りを続けることができる機能です。通話にかかるコスト削減やお問合せの管理がラクになります。

・タイムライン投稿

友達登録をしてくれているユーザーのタイムライン上に商品やイベントの情報を投稿することができます。

・ショップカード

LINEにおけるポイントカードのようなものです。ユーザーは、LINEアプリでQRコードを読み込む事でポイントが貯まります。

・リッチメニュー

トークルームの下部に表示されるメニューのことです。ここにあらゆるキャンペーンやクーポンの情報を載せておくことができます。

・クーポン

クーポンの発行や管理をLINEで行えます。リッチメッセージと掛け合わせて効果的な訴求も可能です。

・分析

メッセージ、友達登録、チャットの統計情報を数値やグラフで確認できます。

LINE公式アカウントを企業で運用する方法

簡単な登録のステップをまずはご覧ください。

1.アカウント開設ページを開き、アカウント作成を押す。

2.個人LINEアカウント連携か、メールアドレスと必要情報入力で登録ができます。

3.LINE Official Account Managerにログイン出来たら完了です。

この様に登録は簡単に完了します。

なお、LINE公式アカウントには「認証済みアカウント」「未認証アカウント」の2種類が存在します。主に認証済みアカウントでは未認証アカウントで出来ないことが可能になります。その内一つが、LINEアプリ内でアカウント検索の対象になることです。

検索で該当キーワードを入力したときに表示されるようになると、お友達追加されやすくなるというメリットがあります。LINEのガイドラインに沿って審査を行っており、申請して通れば認証済みアカウントとなります。

また、アカウント開設後の主な運用方法は以下になります。

  • 友達登録を増やすため、LINE内で表示される友達追加広告を利用する
  • チラシなどにQRコードを載せておく
  • クーポンやキャンペーンを上手く活用する
  • 個別のメッセージやり取りや、予約などで活用する

上記以外にも、LINE公式アカウントを活用して出来ることは多彩にあります。では以下で、実際の企業アカウントの運用事例を見てみましょう。

LINE公式アカウント運用事例2選

LINE for Businessの公式サイトに記載されていた事例2つについてお話しします。

1つ目の事例は、有限会社あいおい保険事務所の運用事例です。

こちらの事例は、友達アカウントの約9割をチラシ経由で獲得しています。顧客に送るメッセージでは商品の特徴だけでなく、役立つ動画情報などを配信し好評を得ているようです。LINEを使って今後もさらにきめ細やかな対応をしていきたいとしています。

2つ目の事例は、株式会社フュービックの運用事例です。

こちらの会社はストレッチ専門店で、LINE広告を活用してLPに繋ぐことで新規顧客の獲得に繋げる施策を行いました。なんと導入半年で獲得数が530%アップするという改善が得られています。LINE以外のチャネルと掛け合わせることで、大きな効果に繋げた事例です。

LINE公式アカウント活用で集客アップに繋げよう

LINE公式アカウントは基本的に1,000通までは無料で運用ができるので、コストをかけず利用できます。汎用性も高く、自社ホームページやLPに繋ぐことでコンバージョン率を上げることも可能です。色んな可能性を秘めているので、この機会にぜひ活用してみてはいかがでしょうか。


〈参考・引用サイト〉

LINE for Business ホームページ LINE公式アカウント
https://www.linebiz.com/jp/service/line-official-account/

*1
LINE for Business ホームページ「集客にLINEを活用すべき理由丨企業・店舗向けLINE公式アカウント活用法」
https://www.linebiz.com/jp/column/technique/20190418-2/

LINE for Business ホームページ「LINE公式アカウント 友だち追加広告│効果的な広告クリエイティブ制作のコツ」
https://www.linebiz.com/jp/column/technique/friendsad-creative/?list=7581

LINE for Business ホームページ「保険金支払いまでの期間を半分に短縮!保険代理店のLINE活用」
https://www.linebiz.com/jp/case-study/aioihoken/

LINE for Business ホームページ「新規獲得数を530%アップさせたDr.stretchのLINE広告活用とは」
https://www.linebiz.com/jp/case-study/fubic/

LINE公式アカウントガイドライン
https://terms2.line.me/official_account_guideline_jp

LINEマーケティング活用ブログ「LINE公式アカウントのブロック手順は?ブロックされない運用のコツもご紹介」
https://line-sm.com/blog/lineofficial_block/#st-toc-h-6


プロモーションでお悩みの方は お気軽にご相談ください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
800種類を超える豊富なラインナップ
デジタルギフトの一覧はこちら