Facebook広告って他のSNS広告と比べてどうなの?その特徴やメリット・デメリット、費用と料金体系とは?

Facebook広告って?


目次[非表示]

  1. 1.Facebook広告とは?
  2. 2.Facebook広告のメリット・デメリットとは?
  3. 3.Facebook広告の種類や費用、料金体系は?
  4. 4.まとめ

「ターゲットにリーチするために、SNS広告は絶対に必要」

「でも、種類が多すぎて、何を選べばいいかわからない!」

そんな悩みを抱えている方も少なくないのではないでしょうか?

そこで、今回の記事では主要SNS広告のひとつであるFacebook広告を取り上げ、特徴やメリットデメリットなどをわかりやすく解説していきます。

資料ダウンロード


Facebook広告とは?

Facebookの月間アクティブユーザー(MAU/Monthly Active User)数は、世界で29億人、日本で2600万人(*1)。国内ユーザーはもちろんのこと、海外ユーザーもターゲットとすることができます。

さらに、メタ社が保有するMessengerやInstagram(国内MAU3,300万人)や、Audience Networkと呼ばれる同社の提携先(東洋経済オンライン、cookpadやTik Tokなど)にも広告出稿をすることができます(*2)。

他のSNSに比べてリーチできるユーザー数が多く、その中心となるFacebookは実名登録制のため、精度が高いターゲティングが可能です。

また、AIによる最適化機能が発達しており、どのSNSにどんな広告を打つのが効果的か提案してくれる機能も備わっているのも特徴です。

なお、SNS広告の基本についての記事は以下をご覧ください。

  SNS広告とは?基本知識や広告運用前に知っておくべきポイントもご紹介! 近年SNSを利用する人は増加し続けており、SNSにおける広告は企業にとって重要な施策のひとつとなっています。SNS広告の種類や、はじめる前に気をつけるべきこと、SNS広告のメリットをご紹介します。 株式会社マフィン


Facebook広告のメリット・デメリットとは?

では、Facebook広告にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?ここでは、それぞれ3つずつ挙げて説明していきます。


メリット

メリットとしては以下3点があります。

①ターゲット精度の高さ

②目的に合わせて広告を最適化

③低額から始められる

年齢や性別、居住地域、出身校や勤め先など、Facebookにはユーザーの個人情報が豊富に蓄積されています。また、実名登録制に加え、ビジネスを目的としたユーザーも多いため、登録されている情報の信頼性が高いのも特徴です。そうしたデータを活用することで、精度の高いターゲティングを行えるのは最大のメリットと考えられるでしょう。

Facebook広告はAI機能が発達しており、ターゲットや目的に合わせ、自動的に広告を最適化してくれる機能が備わっています。広告出稿先や広告フォーマットの選択肢が多いとどこにどういう広告を打てばいいのか迷ってしまいますが、こうしたサポート機能があるため安心です。

最低100円から予算に応じて料金体系が選べるのもメリットのひとつといえるでしょう。最初は少額から始め、効果検証をしながら予算規模を増やしていく、といった使い方もできそうですよね。


デメリット

一方、デメリットとしては以下の3点が考えられます。

①リーチできるユーザーが限られる

②仕様変更が多い 

③効果の持続性が低い

SNS広告ではリーチできるユーザーが最大規模とはいえ、マス広告やGoogle広告などほかのネット広告に比べると、広告を配信できる層が限られています。とにかく幅広い層にリーチしたいという場合には、向いていないかもしれません。

また、Facebook広告は仕様変更が多いことで知られています。管理画面や広告フォーマットが変わることもあり、その都度対応する必要があります。変化の早いSNS広告で効果を最大化するためとはいえ、業務が多忙な担当者にとってはネックとなるかもしれません。

最後に、SNS広告全般に言えることでもありますが、広告を出稿した瞬間には大きな効果が得られても、すぐにその効果が薄れてしまう、という傾向があります。すぐに反応するものの飽きやすい、SNSユーザーの特性上避けられないことではありますが、一旦広告を出したら終わりというわけにはいかず、常に効果を出し続けるために継続的な取り組みが必要となりそうですね。


Facebook広告の種類や費用、料金体系は?

さて、ここまでFacebook広告の特徴やメリット・デメリットをご説明してきましたが、いざFacebook広告を作成・出稿するには目的(認知/検討/コンバージョン)、ターゲット(コアオーディエンス/カスタムオーディエンス/類似オーディエンス)、予算などをさまざまな項目を設定していく必要があります。

ここでは、広告フォーマットの種類と費用、料金体系をご紹介します。

*それぞれの項目の詳細についてはメタ社のサイトにリンクをつけてあるので、合わせてご参照ください。


①広告フォーマットの種類

写真・動画・ストーリーズ・Messenger・カルーセル・スライドショー・コレクション・プレイアブルの8種類があります(*3 2022年4月時点)。それぞれのフォーマットに適した広告や好事例などはメタ社のサイトに掲載されているので、参考にしてみるといいでしょう。

*カルーセルは複数の画像や動画を、コレクションはメインの動画または画像と複数の小さい画像を表示でき、それぞれにリンクが設定できます。プレイアブルは広告上でユーザーがサービスのデモの体験が可能な広告形態です。


②費用、料金体系

Facebook広告には固定の料金表などはなく、設定した予算と課金方式で費用が決まる仕組みになっています。まずは、広告掲載期間中の1日あたりおよび期間全体の予算額をそれぞれ設定します。そして、インプレッション課金もしくはクリック課金から課金方法を選択し、実際に広告が表示・もしくはクリックされた回数にもとづき、請求金額が決まります。

*インプレッション(CPM)課金はCost Per Milleの略で、1,000回広告が表示されるごとに、クリック(CPC)課金はCost Per Clickの略で、広告が1回クリックされるごとに、それぞれ課金される仕組みです。

そのため、はじめは予算を決めるのが難しく感じるかもしれませんが、Facebook広告マネージャには広告内容と予算、期間に応じたシミュレーションができる機能があるので、いくつかパターンを試し、想定されるコンバージョン数やリーチ数を計測してみるといいでしょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

設定項目が多く、また仕様変更も頻繁にあるため、慣れるまではわかりにくいかもしれませんが、変化のスピードが早いSNS広告で効果を出すために使いこなせるようになりたいですよね。

Facebook広告の膨大なユーザーデータと多様な機能を最大限活用できるよう、活用方法の事例やチュートリアル映像なども豊富に用意されていますので、ぜひ活用してみてくださいね。






<引用先>

*1:2021年12月更新! 12のソーシャルメディア最新動向データまとめ

*2:Facebook以外の場所にリーチできるオーディエンスネットワーク(Audience Network)とはどんなもの?

*3:Facebook Ad Formats for Different Goals | Meta for Business


<参照ウェブサイト>

Facebook広告のメリット・デメリットを徹底解説 | 動画制作・編集ツール Video BRAIN(ビデオブレイン)

Facebook広告とは?費用やターゲティング方法、特徴まで基本中の基本をご紹介

Facebook広告とは?費用や出稿方法・運用例をわかりやすく解説 | MOLTS

【よくわかる】Facebook広告とは?費用やターゲティングの種類、効果や仕組みを解説

Facebook広告とは?そのメリットや種類・ターゲティング方法などを徹底解説!

Facebook広告のメリット・種類・特徴を解説【2022年最新版】 | PINTO! by PLAN-B

Facebook広告とは?概要と特徴、使い所を解説

Facebook広告とは?費用や広告の出稿方法・ターゲティング方法を解説|ferret

【2021年最新】Facebook広告のプロが教える失敗しない広告の始め方・基本設定!-前編-| Webディレクターマガジン

Facebook Audience Network、その仕組みと取り組みを聞く[インタビュー] - Exchangewire Japan

Facebook 以外の場所にリーチできるオーディエンスネットワーク( Audience Network )とはどんなもの?

Facebook広告のメリット・デメリットを徹底解説!

Facebook広告の費用っていくらかかるの?気になる課金方式と費用|ferret

Facebook広告配信にかかる料金とは?予算・目的別に解説 | LISKUL

Facebook広告の広告費の目安と料金体系の仕組みをわかりやすく解説! | リチカクラウドスタジオ(RICHKA CLOUD STUDIO)

Facebook広告のシミュレーションとは?費用対効果を試算する方法! | 株式会社アドベート公式ブログ




プロモーションでお悩みの方は
お気軽にご相談ください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
1,200種類を超える豊富なラインナップ
デジタルギフトの一覧はこちら

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧