【法人向け】人気のコンビニ商品をデジタルギフト(ソーシャルギフト)で!おすすめのサービスもご紹介

コンビニのイメージ


目次[非表示]

  1. 1.デジタルギフトで贈れるコンビニ商品
  2. 2.キャンペーンで人気の商品は?
  3. 3.コンビニ商品を贈るのにおすすめのシーン
  4. 4.新規登録またはログインの抽選景品
  5. 5.デジタルギフトを導入できるおすすめのサービス
  6. 6.選べるプレゼントで相手を喜ばせよう

普段コンビニで買い物をする人もしない人も、ちょっとした引換券や商品券をもらうと嬉しいですよね。

気軽に扱いやすいコンビニ商品を、デジタルギフト(ソーシャルギフト)でプレゼントすることができます。

幅広い層に人気のあるコンビニ商品は、企業のプロモーションや社内のインセンティブとしても最近扱われています。

では、デジタルギフトで贈れるコンビニ商品は実際どんなものがあるのでしょうか?

今回は、コンビニ商品をどんなシーンで贈るのがおすすめなのか、おすすめのデジタルギフトサービスは何なのかなども併せてご紹介していきます。

ちなみに、デジタルギフトについて詳しい情報を知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

  デジタルギフト(ソーシャルギフト)10選を比較!使い方やメリットも解説 デジタルギフトは近年急速に需要を伸ばし始め、個人間でもビジネスにおいてもあらゆるシーンで活用されています。この記事ではデジタルギフトの使用方法やメリットをご紹介した後、10種類のツール比較をします。 株式会社マフィン


資料ダウンロード


デジタルギフトで贈れるコンビニ商品

デジタルギフトでは各社扱う商品が異なっています。

例えば、デジタルギフトサービスのマフィンで扱っているコンビニ商品は次のようなものがあります。

  • マチカフェドリンク
  • からあげクン各種
  • ローソン・ザ・プレミアムモルツ
  • ローソンお買物券
  • ファミリーマートお買物券
  • セブンイレブン 7プレミアム 商品

など、挙げているのはほんの一部になります。

中でも、プレゼントとして扱いやすいのはお買物券です。

たとえばローソンお買物券の場合は、差額分はクレジットカードや電子マネー、現金などで払うことができるので割引券としても有効活用できます。


キャンペーンで人気の商品は?

出来るだけ多くの参加者を募るためには、需要の高い商品を見極めることも大切です。

TECH+Powered byマイナビニュースのレポート「図4 消費者がキャンペーンで欲しいと思う賞品/企業がキャンペーンで提供した賞品」によると、1位は金券という結果になっていました。

やはり、自分で好きなものを選んで購入できるものが人気なようです。

金券の中でも景品として人気なのはAmazonギフト券やGooglePayなどがありますが、コンビニのお買物券も同様に需要が高いと言えそうです。

参考:

https://news.mynavi.jp/techplus/photo/article/20151127-present/images/004l.jpg


コンビニ商品を贈るのにおすすめのシーン

デジタルギフトでコンビニ商品が選ばれているシーンの例をいくつかご紹介します。

社内のインセンティブ

コーヒーの引換券や、ちょっとしたお菓子などは社員への福利厚生としても役立ちます。

このような些細なプレゼントが喜びとなり、結果的に社員のやる気にもつながってロイヤリティをアップさせる事にもなります。

SNSキャンペーンの景品

コンビニのお買物券は、受け手が自由に好きなものと引き換えることができるので、Twitterキャンペーンやインスタントウィンなどでも人気の高い商品となります。

実際にTwitter上のPOINTJPのキャンペーンでは、ローソンのお買物券が景品としてラインナップされており、多くのリプライを集めています。

過去にビッグカメラが行っていたインスタントウィンの例では、毎日挑戦できるフォロー&リツイートキャンペーンがあります。

ちなみにインスタントウィンとは、主にTwitterで行われる即時当選型のキャンペーンのことを言います。参加したその場で、当選すればすぐにプレゼントが届くのでTwitterユーザーからも人気の高いキャンペーンです。

フォロワー獲得や、商品の認知獲得のために活用されることが多いです。

参考:

https://twitter.com/POINTJP_TSUTOMU

https://twitter.com/biccameraE/status/1494839149605502979

インスタントウィンについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

  インスタントウィンってなに?特徴・メリット・使用ツールをわかりやすく解説! インスタントウィンとは、参加と同時に抽選結果がわかるキャンペーンです。ユーザーが気軽に参加できるため人気が高く、導入事例が増えています。そんなインスタントウィンキャンペーンを一から解説していきます。 株式会社マフィン


新規登録またはログインの抽選景品

新しいアプリの登録者数を増やしたい場合に、新規登録またはログインを応募条件として抽選キャンペーンを行うのも効果的です。

例えばローソン銀行では、ATMスタンプカードの新規登録またはログインで抽選1,000名にローソンお買物券のプレゼント企画を行っています。

当選者数が少しでも多いキャンペーンは、当選確率も上がる分、参加者を集めやすいというメリットがあります。

参考:https://www.lawsonbank.jp/lp/20220111/


デジタルギフトを導入できるおすすめのサービス

このようにデジタルギフトは、あらゆるプロモーションや福利厚生でも役立てられています。

初めてのデジタルギフトを使った企画を運営したい人におすすめなのが、デジタルギフトサポートです。プロモーションの企画~商品の購入や発送など、まとめて行えるサービスもあります。

これから、コンビニ商品も含む豊富な商品を扱い、サポートも充実しているデジタルギフトサービスをご紹介するので参考にされてください。


petitGIFT(プチギフト)

petitGIFT(プチギフト)は、株式会社ファミリーマートや株式会社ローソンなど商品を豊富に抱えるデジタルギフトサービスです。

商品ラインナップは200種類ほどで、人気商品を主に取り扱っています。

サービスの特徴としては、CRM施策が充実しているところです。会員向けサイト、自社アプリがある場合、シームレスにクーポンなどをシステムへと組み込むことができます。

他にもインスタントウィンも対応しており、あらゆるキャンペーンの企画から相談可能です。


マフィン

マフィンは、株式会社マフィンが運営するデジタルギフトサービスです。

コンビニ商品はもちろん、金券やブランド商品、体験ギフトなど800種類以上を取り扱っています。

マフィンの特徴は低コストでサポートが充実している点です。

プロモーション企画の相談からインスタントウィンの導入まで、企画担当者の負担を最小限にしてくれるような手厚いサポートを行っています。

初めてデジタルギフトを扱うキャンペーンをしたい場合にピッタリのサービスです。

資料ダウンロード


giftee for Business

giftee for Businessは、スターバックスコーヒーやゴディバなど有名ブランドをはじめ、ローソンやサーティワンなど500種類以上の幅広い商品を取り扱っています。

イベントのお礼、資料請求謝礼、インスタントウィンなど幅広いキャンペーンに対応できます。

自身で色んな企画を工夫して、顧客獲得などの成果を出したい場合におすすめです。


dgift

dgiftは、予算から選べる6,000点以上のデジタルギフトを取り扱っています。

例えばコンビニはローソン、ブランド商品はサーティワンやケンタッキー・フライド・チキンなどです。他にも金券やギフトコードなどがあります。

キャンペーン企画からギフト配布までワンストップでサポートしているので、できるだけ手放しで目標達成したい場合に向いています。


選べるプレゼントで相手を喜ばせよう

ご紹介したように、多くの受け手は自分で選べるプレゼントの方が嬉しいと感じるものです。

選択肢が広いプレゼントだと、どの好みの人に当たっても喜ばれやすいので、選ぶ側の手間も省けます。コンビニ商品で言えば、お買物券が該当するでしょう。

今回は、コンビニ商品を取り扱っているデジタルギフトサービスをご紹介しましたが、もちろんコンビニ商品だけでなく、金券などもプレゼントとして多くの人気を集めています。

ぜひそれぞれの企画にあった商品を選んで、成約率アップやユーザー獲得などの目標を達成されてください。​​​​​​​




<参考・引用元>

TECH+ Powered byマイナビニュースホームページ

Twitter POINTJP

Twitter ビックカメラ

ローソン銀行ホームページ

petitGIFT(プチギフト)ホームページ

giftee for Businessホームページ

dgiftホームページ



プロモーションでお悩みの方は
お気軽にご相談ください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
1,000種類を超える豊富なラインナップ
デジタルギフトの一覧はこちら

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧