ブログ

失敗が許されないビジネスシーンにこそデジタルギフトが最適すぎる

ビジネスシーンでは様々な場面で謝礼やプレゼントを贈ることがあります。

相手は上司、同僚、部下といった社内の人間という場合もあれば、取引先、取材先、時にはオフラインでは直接会ったことがない人というケースもあります。プライベートと違って、ビジネスシーンでの贈り物はいろいろと悩みが尽きません。

デジタルギフトは、そんなビジネスシーンでの贈り物の悩みを一斉に解決してくれるベストソリューションです。

ライフスタイルや好みがわからない場合プレゼント選びは難しい

突然ですが、あなたの会社では、ライフイベントに合わせて社員に贈り物をしますか?
「お祝い金を渡す」「プレゼントは禁止している」「社長自らプレゼントを渡す」など、企業によって贈り物文化は千差万別です。なかには社員本人だけでなく、その子女の入学祝いにランドセルを送ったり、結婚記念日に花を贈ったりする企業もあります。(*1)

誕生日、結婚、出産などライフイベントに限らず、異動や転勤、昇進など社内イベントの際にプレゼントを贈る企業もあります。社風によっては、会社からのプレゼントのみならず、部署内や同僚間で自然発生的にプレゼントを贈り合う企業もあるようですね。

配偶者や恋人など、よく知る相手へプレゼントを贈るのとは違い、ビジネスシーンでは相手の趣味嗜好がわからない中で贈る品を決めなければなりません。普段から他愛ない会話をする関係ならともかく、相手の好みやライフスタイルについてさっぱりわからない時、プレゼント選びは難航しがちです。

ビジネスシーンでマナー違反になるものは絶対に避けよう

​​​​​​​

プレゼントの内容によってはマナー上NGなものも存在します。

たとえば、カバンや腕時計を贈ることには「もっと精進してください」という意味があり、目上の方に対して失礼になると言われています。
靴や靴下など下に敷くアイテムは「相手見下す」という意味につながるのでプレゼントには不向きです。(*2)

ダイバーシティが進む現在、相手が外国人ということも珍しくありません。

日本人同士ならごく当たり前のことであっても、文化や宗教が違う場合、タブーや失礼にあたることも。たとえばイスラム教徒にお酒を贈ったり、ヒンドゥー教徒に牛肉の入った缶詰を贈ったりすることは宗教的タブーに触れます。(*3)

相手からリクエストがあったり、時と場合によりあえて選んだりするという例外もあるかもしれませんが、プレゼントは相手を喜ばせるためにするもの。相手に不愉快な思いをさせる品だけは絶対に避けましょう。

悩みどころは商品選びだけではありません。プレゼントの値段は、高すぎると相手の負担になったり、低くすぎると気を悪くさせたりしてしまう恐れがあります。
そうならないためには、相手との関係性に見合った金額からプレゼントを選ぶのが大切です。(*2)


失敗が許されないビジネスシーンだからこそデジタルギフトをおすすめしたい

変な失敗をしたくないのがビジネスシーン。

デジタルギフトは相手の好みやライフスタイルを知らない時、また上記のような贈り物マナーに自信がない時にうってつけです。

デジタルギフトの最大の特徴は、受け手が好みに合わせて商品を選べるということ。

たとえば デジタルギフトでAmazonギフトを贈れば、受け手は好きな時に好きなものをモールで購入できるので、プライバシーに踏み入ることなく、結果的に相手好みのものを贈ることができるのです。
もちろんギフトカード以外にもデジタルギフトの商品ラインナップは日々増えていおり、世代が違う新入社員や取引先の異性など、好みが全くわからずお手上げ状態の時にも、きっと最適なプレゼントが見つかるでしょう。

ライフイベントや社内イベントなど、特別な時のプレゼントではなく、もっと日常的な「些細なプレゼント」を考えている方にもデジタルギフトはおすすめです。

「上司から部下へ目標達成のインセンティブ」、「営業部の○○さんへ商談後のコーヒーを一杯」、「大切なプレゼン前日にプロジェクトチーム全体にスイーツを差し入れ」など。
こうしたちょっとした贈り物文化は、社内コミュニケーションのひとつとして社員のモチベーションアップにつながったり、チームの結束を高めたりする効果が期待できます。

最後に、デジタルギフトがアナログギフトよりも圧倒的に現代のニーズに合致している点が衛生面です。

店頭に陳列された品をラッピングしてもらい、それを相手に渡すという旧来の方法、その間商品が複数の人の手に触れていることから、不安になる人もいます。
新型コロナウィルスが猛威を振るい続ける中、デジタルギフトの非接触というキーワードは、多くの人にとって安堵感につながるはずです。


まとめ

私生活を知らない相手にプレゼントを贈るのは、本来難しいことです。こちらが好意のしるしとして贈ったつもりでも、性別や年齢、文化的背景が違う相手にとっては、喜ばれるどころか嫌な気持ちにさせてしまう恐れさえあるからです。

デジタルギフトは、どんな相手に贈っても必ず喜ばれると言っても過言ではありません。贈り物文化を取り入れ、社内のコミュニケーションアップをはかりましょう。

<参照・引用サイト>

*1:
日昌株式会社 HOME>採用情報>働く環境
​​​​​​​https://www.nissho-group.com/employment/works/

*2:
『CUSTOM LIFE 昇進祝いのプレゼント2021|男性上司に喜ばれるタイプ別人気12選』
https://customlife-media.jp/promotion-celebration

*3:
『LIVE JAPAN PERFECT GUIDE えっ、こんなのくれるの!? 外国人が日本人にもらって驚いたプレゼント』
https://livejapan.com/ja/in-tokyo/in-pref-tokyo/in-tokyo_train_station/article-a0003589/

プロモーションでお悩みの方は お気軽にご相談ください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
800種類を超える豊富なラインナップ
デジタルギフトの一覧はこちら