ブログ

SNSマーケティングのメリット3選 おすすめのマーケティング方法もご紹介

自社のサービスや商品に、SNSマーケティングを活用したいと考える人も多いでしょう。

SNSマーケティングが成功し、商品やサービスにファンが付くことで、低コストで購買や集客に繋げやすくなります。

ですが、自社の商品やサービスを「どのSNSを活用して、どのようにマーケティングをすればよいか」わかりづらいでしょう。

そんな人に向けて、SNSマーケティングのメリットについて、おすすめのマーケティング方法も含めてご紹介します。

SNSマーケティングのメリット3選

SNSマーケティングとは、SNSを活用して消費者とコミュニケーションをとり、ファン獲得や商品購入に繋げていくマーケティング手法です。具体的には、以下のようなメリットがあります。

  • 顧客と直接的にやりとりできる
  • 情報が拡散されやすい
  • コストを抑えて情報発信できる

それぞれの特徴を、詳しくご説明していきます。

顧客と直接的にやりとりできる

まず、SNSでは顧客と直接的に、コミュニケーションをとることができます。企業の投稿に対して、コメントや意見が寄せられたり、こちらからその投稿に返信することも可能です。このように、相互のコミュニケーションによる、消費者の関心や信頼が上がることは、マーケティングにおいて大きなメリットとなるでしょう。

情報が拡散されやすい

SNSでは投稿に対して、ユーザーからを行われます。1つの投稿が話題になり、膨大なユーザーが「いいね」や「リツイート」を続けていくと、情報が拡散され、国内外へ発信されるというケースもあるでしょう。さらに、「いいね」や「リツイート」の数を元に、自社が行ったマーケティング効果を数値化できる点でも便利です。

コストを抑えて情報発信できる

SNSでは、多くのフォロワーを獲得できれば、広告費をかけずに、多くの消費者に情報発信できます。また、そのフォロワーは、企業、商品に対して関心が高いユーザーです。不特定多数の消費者に情報が届く広告と比べて、質の高いユーザーにコストをかけず情報が届けられる点もメリットです。

マーケティングに活用されるSNS

マーケティングに活用されるSNSは、主に以下のようなものがあります。

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram

それぞれの特徴を、詳しくご説明していきます。

Twitter(ツイッター)

「Twitter」は、テキスト140文字を上限とした、短文投稿に特化したSNSです。国内の月間アクティブユーザーは、4,500万人と多くの人が利用しています。文章と合わせて画像や動画も投稿することができ、ライブ配信も可能になっているので、幅広い情報発信ができます。投稿に対してリツイートができる点で、各SNSの中でも拡散されやすい特徴があります。
(*1)

LINE(ライン)

「LINE」は、日本で最も主要なチャットツールとして、幅広い層が利用しているSNSです。国内の月間アクティブユーザーは8,600万人と非常に多く、利用しているユーザーも幅広い年代という特徴があります。企業のプロモーション方法としては、公式アカウントを作成や、ラインスタンプの作成などが主流です。また、トーク画面からの情報発信以外にも、以下のようなことも可能です。

  • 顧客とチャットを行う(お問い合わせや相談)
  • クーポンの配布
  • 特定のサービスへのログイン

このように、機能面も充実しているので、顧客へさまざまなアプローチができるでしょう。
(*2)


Facebook(フェイスブック)

「Facebook」は、実名登録制で信頼性の高いSNSです。国内の月間アクティブユーザーは、2,600万人と多くの人が利用しています。また、テキスト、リンク、画像、動画などに対応しているため、さまざまな方法で情報発信ができます。実名登録制という点で、情報に信頼性があるので、他のSNSよりも炎上が少ない特徴もあります。
(*3)


Instagram(インスタグラム)

「Instagram」は、画像と動画共有がメインのSNSです。国内の月間アクティブユーザーは、3,300万人と多くの人が利用しています。写真加工のフィルターが充実しており、他のSNSと比べて、おしゃれな写真や動画が多く投稿される傾向にあります。Twitterでいうリツイート機能がないため、拡散性はそこまで高くありませんが、ビジュアルでの情報発信がしやすいのが特徴です。
(*4)


SNSマーケティングの方法

SNSマーケティングの手法は、主に以下のようなものがあります。

  • 自社で運用
  • SNS広告を出す
  • キャンペーンを打ち出す
  • インフルエンサーを起用する

それぞれの特徴を、詳しくご説明していきます。

自社で運用する

SNSの運用方法は、自社のリソースのみで行うか、外部に運用を依頼するかのどちらかになります。自社で運用を行うのであれば、運用チームを組むことが理想です。クリエイティブ作成や、分析、実際の投稿などの役割を分担することで、投稿頻度やそのクオリティを上げていきやすいでしょう。

しかし、リソースが足りず、SNS運用は担当者1人で行うケースも少なくありません。そのような企業では、文字数が少ない文章のみで投稿ができる、Twitterで運用を始めるのがおすすめです。

広告を出す

SNS広告はセグメントを細かく設定して、より多くのユーザーにアプローチできます。例えば、自社商品のターゲットが都内在住の30代女性だとします。そこで、Facebook広告を活用すれば、都内在住の30代女性のみに、広告を表示させることも可能です。上記のように、不特定多数に拡散させるのではなく、自社をまだ知らない潜在顧客にリーチできる特徴があります。

キャンペーンを打ち出す

SNSでのキャンペーンは、活用するSNSによって様々です。

Instagramのキャンペーン例

  • 特定の#ハッシュタグを含めて、商品を撮影した写真をユーザーに投稿してもらい、その中から抽選でデジタルギフトやクーポンなどの特典をプレゼント

Twitterを活用したキャンペーン例

  • 企業がクイズを出して、特定の#ハッシュタグを含めて、その回答を投稿してもらい、正解者の中からデジタルギフトやクーポンなどの特典をプレゼント

  • 企業アカウントをフォロー、キャンペーンの投稿をリツイートした人の中から、デジタルギフトやクーポンなどの特典をプレゼント

​​​​​​​下の記事で詳しくご紹介しています。

  デジタルギフト×Twitterインスタントウィンキャンペーンのご提案 手軽さとスピーディーさがユーザーに人気の、Twitterインスンタントウィンキャンペーン。今回の記事では、デジタルギフト×Twitterインスタントウィンキャンペーンに注目し、導入企業とユーザーそれぞれの観点でのメリットをご紹介します。 株式会社メタップス


LINEを活用したキャンペーン例

  • LINEの友達追加をしてくれたユーザーに、キャンペーンページへのリンク送付や、デジタルギフトを景品とした抽選を行う

上記のように、SNSキャンペーンは投稿やリツイートを促すことで、情報がより拡散されやすい特徴があります。

下の記事で詳しくご紹介しています。

  デジタルギフト×LINEインスタントウィンキャンペーンのご提案 LINE上だけでキャンペーンが完結し、応募と同時に当選結果がわかる、LINEインスタントウィン。今回の記事では、デジタルギフト×LINEインスタントウィンキャンペーンの流れ、導入企業とユーザーそれぞれの観点でのメリットをご紹介します。 株式会社メタップス


​​​​​​​インフルエンサーを起用する

SNSでは、インフルエンサーに自社の商品やサービスを、紹介してもらう方法も人気です。人気のYoutuberやインスタグラマーを活用することで、認知の拡大や購買、集客に繋げていきやすいでしょう。また、自社の商品やサービスのターゲットと、インフルエンサーが抱えるファン層が重なっていることで、より良い費用対効果が期待できます。

SNSマーケティングを活用しよう!

今回はSNSマーケティングのメリットについて、おすすめのマーケティング方法も含めてご紹介しました。SNSマーケティングすることによって、従来の広告などに比べてコストを抑えて、効率よく集客、ファン獲得を実現できます。

SNSは多くの人の生活に根付いていて、企業としてもビジネスチャンスを狙えるでしょう。

ぜひこの記事を参考に、SNSマーケティングの活用を検討してみてください。
​​​​​​​


<参照サイト>

*1:
『Twitter公式アカウント』
https://twitter.com/TwitterJP/status/923671036758958080

*2:
『2020年12月期第3四半期決算補足説明資料 LINE株式会社』
https://d.line-scdn.net/stf/linecorp/ja/ir/all/FY20Q3_earning_releases_JP.pdf

*3:
CNET Japan『フェイスブック ジャパン長谷川代表が語る「退任の真意」』
https://japan.cnet.com/article/35139021/

*4:
『Facebook公式サイト』
https://about.fb.com/ja/news/2019/06/japan_maaupdate-2/


プロモーションでお悩みの方は お気軽にご相談ください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
800種類を超える豊富なラインナップ
デジタルギフトの一覧はこちら